スマートフォンとも連携できるハイテクなタンブラー「ember」



スマート家電。

この様な表現を聞くようになったのは、スマートフォンが出現した頃ぐらいでしょうか。

外出先でも美味しいコーヒーを いつでも最適な温度で飲めるように

そのコンセプトの元、温度調節機能が搭載された ハイテクなタンブラー(コーヒー・マグ)、
Ember」がクラウドファンディングのWebサービスIndieGOGOで出資を募っています。

Ember

* Ember


このEmber、主にステンレススチールとBPAフリー プラスチックで作られており、
一般的な真空管構造も取り入れられています。

水漏れ防止は勿論のこと、ホットコーヒー以外にもアイスコーヒーの保温にも対応。

温度センサーが搭載されている上にember本体のディスプレイに リアルタイムで温度が表示されます。
( 摂氏と華氏の切り替え可 )

下部には基盤やバッテリーが搭載されていますが、簡単に洗える構造だそうです。

* emberの内部構造

また、目玉機能として 専用のスマホのアプリと連携してリアルタイムに温度表示や温度調節
飲み頃の温度になったら通知もしてくれます。

その他にシンプルな充電用の卓上スタンドも完備されています。

* IphoneとAndroidに対応予定 ( bluetooth 4.0接続 )

* オシャレな卓上 充電スタンド

 

emberのスペックですが、容量は350ml。
バッテリーの持続時間は2時間。また、充電スタンドを使えば一日中使えるそうです。

気になるお値段ですが、129$ USD (約15,560円) 。2016年4月から発送予定。
そして、日本への発送も可能だそうです。
( *目標金額は既に達成済み )
 

コーヒーにこだわりがある人は一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

この記事のカテゴリ
IT・ガジェット

この記事に付けられているタグ