AtomエディタでMarkdownのテーブルを書く時に便利なプラグイン「markdown-table-editor」



Markdownでテーブルを書く時に便利なAtomエディタプラグイン「markdown-table-editor」の紹介です。

Markdownはシンプルな構文で文集を作成出来る書式ですが、難しさの1つにテーブルを書く構文があります。
少ない列だと問題は感じませんが Row(横列) や Column(縦列) が多くなってくると、見通しが悪くなり、何処を編集しているのかわからなくなる事も珍しくありません。

そんな Markdownのテーブル作成を楽にしてくれる Atomエディタ用のプラグインが 「markdown-table-editor」です。

markdown-table-editor で出来ること 

- Markdownのテーブル構文を自動補完してくれ、スラスラとテーブルが書けるように補助してくれます

* markdown-table-editorを使ったGIF 


markdown-table-editor のインストール

このプラグインの導入は、プラグイン検索画面から ' markdown-table-editor ' と検索するか、コマンドライン上から下記のapmコマンドを使っても導入可能です。

# コマンドライン上からインストール
apm install markdown-table-editor


markdown-table-editor の使い方

markdown-table-editorの使い方はとても簡単で、 パイプラインMadkdownのテーブル構文の ' | ' を入力すれば、自動補完が開始され すぐに使い始めることが出来ます。

* レポジトリページ上のGIFから 

また、markdown-table-editorには テーブルの入力補完以外にもテーブルの編集に役立つコマンドが用意されています。例えば、既にあるテーブルのColumn(縦列)を削除したり、新しく追加や移動なども簡単に行うことができます。

* markdown-table-editor内に用意されているコマンドを使ってカラムの移動や追加をしてみました

用意されているショートカットキーやコマンドの一覧
( * コマンド名は ' Markdown Table Editor : ' から始まります )

コマンド名 アクション ショートカットキー
Next Cell 次のセルに移動 tab
Previous Cell 一つ前のセルに移動 shift+ tab
Next Row 新しい横列に移動 enter
Escape テーブルから移動 escape
Format Markdownを整形  
Format All Markdownファイル内のテーブル全てのテーブルを整形  
Align Left 左側に揃える  
Align Right 右側に揃える  
Align Center 中央に揃える  
Align None 整形を破棄  
Select Cell セル内のコンテンツを選択  
Move Left セルを左側に移動  
Move Right セルを右側に移動  
Move Up セルを上に移動  
Move Down セルを下に移動  
Insert Row 空の列を追加  
Delete Row 列を削除  
Move Row Up 列を上に移動  
Move Row Down 列を下に移動  
Insert Column 新しい空の縦列を追加  
Delete Column 縦列を削除  
Move Column Left 縦列を左に移動  
Move Column Right 縦列を右に移動  
Move Column Left 縦列を左に移動  

Atom Packages : markdown-table-editor


Summary

以上が markdown-table-editorの紹介でした。テーブル作成から、既にあるテーブルの細かい編集まで、 Markdownファイルのテーブル作成が楽になりそうです。

 

この記事のカテゴリ
プログラミング

この記事に付けられているタグ