沢山のモジュールを1ボードに!Arduino電子工作Kit「Tinylab」



Arduino等を使って電子工作を経験したことがある人ならわかると思いますが、
目的の物を作りたい時には、目的のモジュールが必要になります。

例えば、LCDディスプレイが必要な時はLCDディスプレイ モジュール、
温度計が必要なら温度センサー モジュール。
LEDが必要ならLEDライトを買ってきて、ブレッドボード等を使って取り付けないといけません。

既にアイディアが固まっていれば問題がないのですが、
ふとした思いつきや、ちょっとした電子工作のテストをしたい時には
少しのお金とモジュールの調達の手間が必要になります。

電子工作が好きだけど、モジュールを買いに行く手間がかかるな〜」とか
製品のプロトタイプをこれから作るけど、モジュール揃えないと...
っと思っている人に役立ちそうなのが「Tinylab」です。


このiPad-miniと同等のサイズのTinylabには、本当に沢山のモジュールが詰め込まれています。

電子工作には基本のLEDライト、LCDディスプレイから始まり、
スイッチ、ディスプレイ、温度センター、RTC ... etc

エディションによっては、Wifiモジュール、bluthooth、無線モジュール ... etc

* Tinyladに搭載されているモジュール群

TinylabはArduinoを元に作られているので、Arduinoシールドも備えており
勿論の事、Arduino IDEを使ってプログラミングも可能です。
( * サポートされているOSは Windows, MAC, Linux )

Tinylabには合計3つのエディションが用意されています。

- Maker Kit: $69 (USD)
  LEDライト, 温度センター, LCDディスプレイ, ディスプレイ, スイッチ、
  RTC (リアルタイム・クロック), リレー, ブザー,
  ブレッドボード, ロータリーエンコーダ, DCモーター制御,
  Arduinoシールド

* 2016年5月発送予定

- IoT Kit: $79 (USD) (インターネットと連携するような開発に最適なエディション )
  上記のモジュールに ESP8266 (Wi-fiモジュール),
  nRF24L01(無線モジュール), HC-06 (bluetoothモジュール)

* 2016年6月発送予定

- Exclusive Kit: $149 (USD) (全部入のエディション)
  IoT Kitに 2× Xbeeモジュール (2.4GHの通信モジュール), Xbee Explorer,
  Micro-SDスロット, ジャンパーケーブル

* 2016年6月発送予定

* 共に7-12ボルトまで対応

Tinylabには沢山のモジュールが予め揃っているので、Tinylab側でプログラミングや、
動作テスト等を済ませるとプロトタイプを作る手間が省けそうですね!

頭に浮かんだアイディアも、モジュールいらずでテスト出来そうです。

電子工作の開発スピードを上げたい人はゼヒ×2チェックしてみてください!

tinylab: prototype easier than ever


* 現在 indieGoGo上での先行販売は終了しているので、tinylabを注文する場合は下記の公式ページから受け付けているようです。

Products | Bosphorus Mechatronics

 

この記事のカテゴリ
PC・MAC

この記事に付けられているタグ