githubを見ていたら、” パーソナル ミュージック ストリーミング サーバー "
という面白そうなパッケージに出会ったので 紹介したいとおもいます。

その名も「koel」、音楽を再生出来るOSS ( オープンソース ) パッケージで
PHPのLaravelフレームワーク ( 5.1 LTS ) で作られています。

筆者自身、Laravelフレームワークに触る機会が多いので
気になってインストールして実際に試してみました。

インストール

インストールはコマンドライン上で行います。
( 事前にgitとnode.jsを導入している必要があります )

> git clone https://github.com/phanan/koel && cd koel
> npm install
> composer install

次に.envファイルの作成です。
.env.exampleをコピーして、データベースの接続に必要な情報や、
管理者の情報を編集します。

> cp .env.example .env # .env.exampleファイルを.envファイルにコピー
> vi .env # .envファイルを編集

# .envファイルを編集

# admin情報を記述
ADMIN_EMAIL=testadmin@email.com
ADMIN_NAME=testadmin
ADMIN_PASSWORD=testtest

# DB情報 (自身の環境に合わせてください)
# インストールの為、koelというデータベースを作成しました
DB_HOST=127.0.0.1
DB_DATABASE=koel
DB_USERNAME=admin
DB_PASSWORD=adminpass


続いて下記のコマンドを打つとDBのマイグレーションなどが走ります。

> php artisan init


ローカルサーバー上でkoelを起動させるには、下記のコマンドを使います。

> php artisan serve // http://localhost:8000でアクセス可能

# koelのパッケージを最新のものにアップデートするには、" git remote update "

以上でインストールは終わりです。

流石 パッケージ化と言ったところでしょうか、、
インストールも簡単に出来るようになっています。

" http://localhost:8000 " にブラウザでアクセスし、
以下のようなログイン画面が出ると正しくインストールされています。

koelのログイン画面


次のページでは実際に使ってみたレビューをしてみます。

 

Page: 1

この記事のカテゴリ

プログラミング

この記事のタグ

Laravel , OSSパッケージ , PHP

Socialシェアボタン

スポンサーリンク