高画質を保ったまま画像をロスレス圧縮出来るWebサービス「compressor.io」



ブログの記事を書いているライターさんや、DTPデザイナーさん。
WebサイトのレイアウトやロゴのデザインをするWebデザイナーさん。

そういう人達にとって、切っても切れないのが”画像”の取り扱いです。

画像を加工したり作っている段階では気にならないのですが、
いざWebサイトに掲載するとなると、画像の容量が気になります。

画像の容量が大きすぎてもダメだし、
かと言って、画像を圧縮し過ぎて画像そのものが汚くなったり ...

色々と考えることが出てきます。

そのようなことを考えてる人達に試してほしいWebサービスが「compressor.io」です。

このサービスは画像をロスレス(高画質)に保持したまま、圧縮が出来ます。

compressor.io
 

使い方は至ってシンプルで、"TRY IT"ボタンを押して、画像をドラッグ&ドロップするだけです。

対応する画像のフォーマットは、"jpeg", "png", "svg", "gif"の四種類
ロスレス圧縮に対応しているのは "jpen"と"png"の2種類です。( 画像の容量は10MBまで )

そして、無料で利用可能でアカウント登録など一切必要ありません。

 

それでは実際にどれ位ロスレス圧縮出来るか試してみましょう。

* upload画面


* uploadが完了すると、どれ位圧縮出来たか表示してくれます


今回は検証の為、ツイッターで使っているpng形式のプロフィール画像を使いました。

どうやら83%の画像の圧縮に成功したようです。

* 圧縮前の画像( 96KB )


* compressor.ioを使ってロスレス圧縮( 16KB )

さすがロスレス圧縮と言いましょうか、、素晴らしく劣化している様子が見られません。

あまりの劣化の無さに自分でもファイルが間違っていないか、2度見してしまった程です。


このcompressor.io、画像を圧縮した後にDropBoxやGoogle Driveに保存も出来ます。


Webサイトに画像をアップロードする前に使ってみたいサービスですね。

 

この記事のカテゴリ
IT・ガジェット

この記事に付けられているタグ