githubレポジトリのコードの変数をハイライトするブラウザプラグイン「octohint」



 GitHubの ソースコードページ上の 変数をハイライトしてくれる Webブラウザ用のプラグイン「octohint」の紹介です。

octohint で出来ること 

- クリックすると、コード内の変数や定数、関数をハイライトしてくれます

octohintを導入して、githubページ上で適応した例


octohint の入手

 octohintは Googleクロームを筆頭に 4種類のWebのウェブブラウザに対応しています。

- Googleクローム用 : こちらの Chrome Web Store から導入
- Opera : プラグイン Install Chrome Extensions を導入後、こちらのChrome Web Storeのページから導入
- Firefox : こちらの release ページから本体を入手後、マニュアルインストール
- Safari : Dev toolsを有効後、' Developt ' -> ' Extension builder ' 拡張機能の追加から こちらのsafari用の拡張機能のzip ( octohint.safariextension.zip ) ファイルを入手、解凍した後、インストール


octohint の設定

 octohintは導入後、変数や関数上をクリックすればハイライトされ、GitHub以外でも Gistや、Bitbucket、Gitlabのハイライトにも対応しており、オプションから任意のサイトも追加できます。

' option ' からサイトを追加

自身の bitbucket リポジトリ内で確認しましたが問題なく動作しました


Summary

octohintを導入すると、レポジトリ上のコードを読むのが、かなり楽になります。

 gitlabや bitbucktにも対応しているので、オープンソース用のコードを読む時だけではなく、プロジェクトでソースレビューしてもらう時にもわかりやすくなりそうです。

GitHub : pd4d10/octohint

 

この記事のカテゴリ
プログラミング

この記事に付けられているタグ