atomエディタのタブを縦表示にするプラグイン「vertical-tabs」



Atomエディタでタブを垂直表示に出来るプラグイン「vertical-tabs」の紹介です。

 Atomエディタにはタブに関するプラグインが沢山リリースされており、それだけに タブの可視性に関する問題は多いと考えてもいいかもしれません。

 ファイルを開く時、デフォルトでは水平 (横並び) でタブが開かれますが、開くタブ数が多かったり ファイル名が長いとうまく表示されないので、見失う事も多々あります。

そんなタブを 垂直 ( 縦 ) 表示にして、開いているファイルの見通しを良くするプラグインが「vertical-tabs」です。

vertical-tabs で出来ること 

- Atomエディタで、開いているファイルのタブを垂直表示に変更出来る

vertical-tabs のインストール

 vertical-tabs のインストールは setting -> installの Search packages から ' vertical-tabs 'と入力して検索するか、apmコマンド を使ってコマンドライン上からも入手できます。

# コマンドライン上からインストール
apm install vertical-tabs

インストールが完了すると、タブが垂直表示になります

 

vertical-tabs の設定

 vertical-tabsは、プラグインの設定画面上で " Tab Bar Width" の 値を変更すると、タブが表示されるパネルの幅調節できます。また、 " Set To Right Side " にチェックを入れるとタブが右側表示に変更されてます。

vertical-tabs の設定画面

 

他プラグインと組み合わせてファイルを編集し易くする

 タブは見易くなっても、Atomエディタ本体のウインドウサイズが小さかったり、ファイルを分割表示していると、かえってファイルが編集し辛くなります。

vertical-tabsを使ってファイルを分割表示

 そのような時は、ショートカットキーでウインドウPaneサイズを拡大するプラグイン「hey-pane」と組み合わせると、ファイルが編集しやすくなります。

 その他に、" tab-smart-sort " と組み合わせると 開かれたタブがファイル名順に自動で整列され、更にファイルが探しやすくなります。

hey-pane と組み合わせてEditエリアを拡大


Summary

 以上が vertical-tabs の紹介でした。沢山のファイルを開きっぱなしにする癖がある人にはオススメ出来るプラグインです。

GitHub : tiger4th/vertical-tabs

 

この記事のカテゴリ
プログラミング

この記事に付けられているタグ