特定タブに色付けするATOMエディタプラグイン「color-tabs」



指定したタブに色付けをするAtomエディタプラグイン「color-tabs」の紹介です。

 テキストエディタを開いてコードを編集していると 沢山のファイルを開きます。それが編集する必要があるファイルであったり、確認するだけ為に開くファイルであったり様々です。

 テキストエディタのタブ機能は便利ですが、ファイルを開き過ぎで 必要なファイルを見失うことも ' よくあること ' の1つではないでしょうか?

そんな ファイルの見失いが 防止出来そうなAtomエディタ プラグインが「color-tabs」です。
 

color-tabsで出来ること

- ショートカットキーで指定したタブに色を付けることが出来る

* color-tabs


color-tabsのインストール

 color-tab のインストールは setting -> installの’ Search packages ’ から ' color-tabs 'と入力して検索するか、コマンドライン上でapmコマンドを使って入手できます。

# apmコマンドを使ってプラグインをインストール
apm install color-tabs


color-tabsの使い方

 color-tabs の使い方はとても簡単です。ファイル編集画面で キーボードの ' ctrl + alt + a ' を押せば ファイル名が表示されているタブに色が付きます。
( * ATOM本体を終了しても色付けしたタブの情報は保持されます )

* color-tabsを適用 ( 色はランダムで決定されます )

# color-tabsに用意されているショートカットキー
ctrl + alt + a # タブに色を追加
ctrl + alt + x # 色を解除


color-tabsの ' Setting ' から 色付けするスタイルの変更も可能です。

color-tabsの設定変更画面

color-tabsに用意されているスタイル ( * 組み合わせも可能 )

沢山のファイルを開いていても ひと目でわかります


Summary

以上がcolor-tabsの紹介でした。color-tabsは 本の付箋に 近い使い方が出来るので、開発効率が上がりそうなプラグインです。

GitHub : paulpflug/color-tabs

 

この記事のカテゴリ
プログラミング

この記事のタグ