OSにOpenWrtを搭載したオープンソース ルーター「Turris Omnia」



OSS( オープンソース・ソフトウェア )が普及し、
皆さんにお馴染みのAndroid OSもLinuxを元に開発されたOSSです。

そんなOSSの広がりの中 オープンソースOSを搭載したルーター「Turris Omnia​」が発表され、
IndieGoGoで先行発売中です。

Turris OmniaはOSにLinuxのディストリビューション 
OpenWrtを搭載した ギーク向けのルーターとなっています。
( * Linux Kernelをベースに開発された 組み込みシステム用 ファームウェア )

Turris Omnia
 


このTurris Omnia、ルーターとしては中々のハイスペックです。

  1. CPU : 1.6Gh dual-core ARM CPU
  2. RAM : 1GB DDR3
  3. Storage : 4GB flash
  4. LAN : 5× Gbit port
  5. WAN : 1× Gbit port
  6. USB3.0 : 2×
  7. Wi-Fi : 802.11b/g/n/ac


OSにOpenWrtを搭載しているので、今までの市販ルーターにない自由度があります。

Web上の管理システムは勿論のこと、SSH接続、
USBポートにハードディスクを接続してNASにしたり、
SAMBAをインストールしてファイルサーバーにすることも ... etc

ググればググる程 情報が出てきます!

そして、ルーター単体としては珍しく
仮想サーバーをルーター内で構築することもサポートされています。
( Debian, Ubuntu等 )

こういうことが出来るのもOSに OpenWrtを搭載しているからですね。

また、Linuxサーバー管理者や経験者には
使い慣れたコマンドも使えるところが嬉しいところです。

*サイズは208mm×135mm 


気になるお値段は$189 USD ( 約23,186円 ) で日本への発送も可能となっています。
( 締め切りは2016年 1月12日 発送は2016年 4月から開始 )

テクノロジーに敏感なコンピューター ギークは一度チェックしてみて下さい!

 

この記事のカテゴリ
PC・MAC

この記事に付けられているタグ