ファイルやフォルダを表示する ' ls ' コマンドに相当する機能を、 グラフィカルに表示するスクリプト「Color LS」の紹介です。

Color LSで出来ること

- Unix系OSに用意されている ' ls 'コマンドに相当する ファイル一覧機能をグラフィカルに表示できる

* Color LS ( 通常の ls コマンドとの比較 ) 


Color LSのインストール

Color LS のインストールは以下の4ステップです。

1. 本体の入手
2. コマンドへの割り当て
3. Nerd Fontの入手
4. 各種環境の設定

( * Color LS はRubyで開発されているスクリプトなので、事前にRuby ( 2.1以上 )の導入が必要になります )

1 . 本体の入手

Color LS 本体の入手はコマンドライン上からおこないます。

# Color LS 本体の入手
mkdir bin # binフォルダの作成
cd ~/bin && git clone https://github.com/athityakumar/colorls.git # ソースの入手
cd colorls # ディレクトリ移動
# 場合によっては sudoが要求されます
gem install bundler # 依存ライブラリの入手
bundle install # 依存ライブラリの入手

# Color LS 本体を updateする場合
# gem update colorls


2. コマンドへの割り当て

 ' .bashrc ' 又は ' .zshrc ' 内に 以下のスニペットを保存します。
( * キーボード上で ' lc ' と入力すると Color LSが呼び出されるように割り当て )

# * 関数名を変更すると、コマンドも変更可能 ( 例: lc -> ld )
lc () { ruby ~/bin/colorls/colorls.rb $1; }

# echo コマンドを使う場合
# echo "lc () { ruby ~/bin/colorls/colorls.rb $1; }" >> .bashrc
# echo "lc () { ruby ~/bin/colorls/colorls.rb $1; }" >> .zshrc


3 . Nerd Fontの入手

Color LS は ' Nerd Fonts 'という オープンソースのアイコンフォントに依存しています。

* Nerd Fontsが導入されていないと正しく表示されません

こちらの公式ページからフォントを入手し、インストールします。

バイナリのサイズが小さめなので 'Hack.zip' のフォントを入手しました 

( 検証の為 zipファイル内の ' Knack Regular Nerd Font Complete.ttf '  をインストールしました )

4. 各種環境の設定

フォントのインストールが終われば、各種ターミナル用にフォントの設定を割り当てます。
( 検証の為、Knack Nerd Font を使いました )

* iTerm2用 ( Profiles -> Text -> Non-ASCII Font )

* デフォルトで用意されているMacターミナル用 ( Profiles -> Text -> Font )

フォントが正しく設定されていると、下記のように表示されます ( * zsh と組み合わせています ) 

* Color LS と zshの 'ls' を比較

自身のAtomエディタの ターミナル プラグイン に適応させてみました

VSコードに適応した場合

Color LSには幾つかのオプションが用意されています。オプションを適応させると ファイルのみを表示、リスト表示、ディレクトリの情報を表示といったことが可能です。

# カレントディレクトリの情報を表示 (ディレクトリ数、ファイル数などの情報)
lc -r
# ディレクトリ名からをソートして表示
lc -sd
# ファイル名からをソートして表示
lc -sf
# ディレクトリのみを表示
lc -d
# ファイルのみを表示
lc -f
# リスト表示
lc -1


Summary

以上が Color LS の紹介でした。通常の lsコマンドと比べると カナリ可視性が上がります。

コマンドライン操作で 'ls' ( ディレクトリ表示 ) は 'cd' ( ディレクトリ移動 ) と並ぶぐらい頻繁に使うコマンドなので、Color LSを導入すれば 活躍する機会が多いと思われます。

GitHub : athityakumar/colorls

 

この記事のカテゴリ

プログラミング

この記事のタグ

開発ツール , 効率化 , Macintosh

Socialシェアボタン

スポンサーリンク