Macでデスクトップの動画が撮れるフリーソフト「kap」の紹介です。

デスクトップのキャプチャー動画が必要なケースはどういった時でしょうか?

使い所は限られてきますが、ソフトウェアの使い方を説明したい時は、文章や画像を多様するより簡単に伝えられたり、何倍もわかり易く説明できる場合があります。

Webページで最近よく目にするようになったGIF動画も 一般的に ' 動画 -> GIF ' に変換して作成します。

kapを使えば "デスクトップの一部分を指定 → 録画"なんてことが簡単に出来るようになります!

下の動画は kapを使って、以前紹介したことがあるAtomのプラグイン' terminal-plus '上で' with 'を使ってAtomエディタの複数のプラグインを一括でインストールをしています

自身の環境でKapを使ってデスクトップのレコーディングをしてみました


kapの入手

kapの入手は公式ページの"GET APP" ボタンをクリックして入手する方法と、brewを使えばコマンドライン上からインストールできます。

# homebrewを使ってインストールする場合
brew cask update
brew cask install kap


kapの使い方

kapの使い方は簡単で、起動すればメニューバーにアイコンが追加され、中央のボタンを押すと録画する範囲選択が起動します。

kapのメニュー

録画箇所の範囲選択 *サイズを自由に調節出来ます 

録画範囲が決まったら、メニューの中央ボタンを押すと録画が開始されます

録画を止めるには、メニューバーのkapアイコンをクリックすれば録画が停止されます。

また、kapで録画された動画は'MP4'形式で発行され、音声は入らないので編集時にも音声を消去する必要はありません。
( * version 0.3.0からはGif形式の録画にも対応 )
( * version 1.0.0からwebm形式での動画の発行、音声の有る無し、FPSの調整にも対応されました )

Summary

以上がkapの紹介でした。

kapはnode.jsのデスクトップアプリ作成用フレームワーク"electron"で作成されており、Webテクノロジーで作ったアプリとしてGitHubでソースコードも公開されています。

ソフトウェアの使い方の動画を作ったりしているMacユーザーにはオススメできるアプリなので、気になった人はぜひ×2チェックしてください!

GitHub: wulkano/kap

 

この記事のカテゴリ

PC・MAC

この記事のタグ

Macintosh , ソフトウェア , nodejs

Socialシェアボタン

スポンサーリンク