CSVをHTMLのテーブルに変換してくれるコマンドラインツール「csvtotable」の紹介です。
 

csvtotableで出来ること

- CSVファイルをHTMLのページ (テーブル) に変換できる

* csvtotableで発行されたHTMLページ


csvtotableのインストール

csvtotableは Pythonで開発されているコマンドラインツールなので、pipコマンドを使ってインストールします。インストールが完了すると ' csvtotable ' コマンドが使えるようになります。

# pipコマンドでインストール
pip install csvtotable # pip3 install csvtotable


csvtotableの使い方

csvtotableの操作は簡単で、コマンドと僅かなオプションを覚えればすぐに使えます。

# csvtotable 読み込むCSVファイル 発行するhtmlファイル名
csvtotable input.csv output.html
# 上記の場合 input.csvファイルを読み込み、 output.htmlファイルが作成されます
# 用意されているオプション
-c # タイトル
-d # 区切り文字 : デフォルト: ','
-q # クォート文字 : デフォルト: '|'

# 下の画像を例にした場合
csvtotable tags.csv tag.html -c Tagデータ

* csvtotableを使って このサイトで使っているDBのテーブルデータを htmlテーブルに変換してみました。
発行されたHTMLテーブルにはクリックでソート、絞り込み、ページネーション機能がデフォルトで備わっています 

* htmlファイルとして発行されるので、データ内に' htmlタグ ' が混ざっているCSVでは正しく表示されません
 

Summary

以上が csvtotable の紹介でした。閲覧のみの機能なので、データ変更をしたくないない CSVのデータを確認したい時に利用すると便利そうです。

GitHub : vividvilla/csvtotable

 

この記事のカテゴリ

プログラミング

この記事のタグ

Python , 効率化 , 開発ツール

Socialシェアボタン

スポンサーリンク