npmパッケージをデスクトップで管理するソフトウェア「ndm」



npmパッケージの管理をデスクトップ上から行えるアプリ「ndm」の紹介です。

npmというのはjavascriptのパッケージを管理するソフトウェアで、近年ではNode.js以外のプロジェクトでも webpack, babelプラグイン, socket.io ... etc 等を導入する為、PythonやRuby等の他言語のプロジェクトでも幅広く使われています。

npmパッケージの管理は、基本コマンドライン上から操作しますが、デスクトップアプリ上で管理出来るソフトウェアが「ndm」です。

ndmはMAC OSで動くフリーソフトウェアで、npmパッケージのアップデートインストール消去がデスクトップ上で可能になります。

ndm 


ndmのインストール

ndmはdmg形式のバイナリファイルで提供されているので、GitHubのリポジトリページからダウンロードしインストールします。

執筆時の最新バージョンBeta-0.0.2


ndmの使い方

ndmは 'Add projects'ボタンを押して、プロジェクトをインポートして使用します。

* ndmを起動した画面

プロジェクトを読み込むと、インストールされているパッケージが一覧で表示されます。
( パッケージ名、バージョン、最新バージョン、環境 ( * devDpendencyなど ) がリスト表示されます )

パッケージのバージョンが最新の場合は緑色で表示されます

パッケージをアップデートしたい場合は、パッケージを選択して'update'ボタンを押せば依存しているバージョン(wantedに表記されているバージョン)の最新版にアップデートされます。

同様に'uninstall'ボタンを押せば、パッケージが削除されます。

メジャーアップデートする場合は'install release'ボタンを押せば最新版に更新されます ( * v2 -> v3 など

 

新たなパッケージを追加する時も簡単で 'install Package'ボタンを押し、インストールしたいパッケージ名入力後'OK'ボタンを押せば導入できます。

'dev'にチェックボックスをつければ 'devDependencies'としてパッケージがインストールされます 

 

Summary

以上がndmの紹介でした。

個々のパッケージのバージョン依存を管理したい時や、リリースした後のnode.jsアプリの管理、Electronでデスクトップアプリを開発している人には使い勝手が良さそうです。

気になった人はぜひ×2チェックしてください。

GitHub : 720kb/ndm

 

この記事のカテゴリ
プログラミング

この記事に付けられているタグ