VimのようにGoogle Chromeをコマンドで操作出来るプラグイン「Vimium」の紹介です。

普段からキーボードを使う頻度が多い人は、ブラウザを操作する時もショートカットキーをよく使っていませんか?例えば、"ctrl + t" で新しいタブを作成 "ctrl + w" でタブを削除など。

ページ内の部分的なテキストをコピーする場合などはマウスを使うほうが断然いいですが、基本的なことはショートカットキーで済ましたほうが操作が早くなります。

そんな普段からショートカットキーをよく使う人、Vim使いの人にオススメのGoogle Chromeプラグインが「Vimium」。

このプラグインは "Vimium" の名のとおり、VimのキーバインドのようにGoogle Chromeを操作することができます


Vimiumの導入

VimiumはこちらのChromeウェブストアから導入できます。

Chromeウェブストア内のVimiumのページ

Vimiumを導入すると下のようなボタンが追加されます


Vimiumで出来ることは主に下記の4つです。

・ Webページの操作
・ 閲覧履歴やブックマークの操作
・ ページ内の検索
・ タブの操作

それでは用意されているコマンドをザックリ紹介していきます。


Webページの操作

Webページの操作系のコマンドは「ページアップ : " K " 」、「ページダウン : " J "」のようにVimの操作性と あまり変わりがありません。ページリロードも、Macの場合 " Command + r "でしたが、" r "ボタン一発で再読み込み出来るようになったりします。

面白いところが " f "ボタンを押すとページ内のリンクがコマンド付きで表示され、"A" "B"のようにリンク元へのコマンドが自動的に割り当てられます。

"f"コマンドを使ってリンクを表示 * 画像であれば "K" "SJ"をキーボードで押すと、そのリンクにページが進みます

* Webページ操作のコマンド一覧

コマンド 説明
j又は ctrl + e スクロールダウン
k 又はctrl + y スクロールアップ
gg ページトップまでスクロール
G ページ最下部までスクロール
d ページの中間までスクロールダウン
u ページの中間までスクロールアップ
h ページを左にスクロール
l ページを右にスクロール
r ページのリロード
yy ページのURLをクリップボードにコピー
p クリップボードにコピーされたURLを現在のページで開く
P クリップボードにコピーされたURLを新しいタブで開く
i インサートモードに切り替え
v ヴィジュアルモードに切り替え
gi インプットフォームがある場合、最初のインプットフォームにフォーカスを当てる
f リンクがタグがある場所を現在のタブで開く (リンクが複数ある場合は表示)
F リンクがタグがある場所を新しいタブで開く (リンクが複数ある場合は表示)
gf ページにフレームがある場合、フレームを選択する
gF ページにフレームがある場合、メイン/トップフレームを選択する
H 前に開いていたページに戻る
L 前に開いていたページに進む


閲覧履歴やブックマークの操作

Vimiumはvomnibarと呼ばれるランチャーのようなバーが用意されていて、各種コマンドでページ閲覧履歴やブックマークの検索ができます。
( カーソルを合わせてEnterを押すとページにジャンプ )

vomnibarを起動させて"google"のキーワードで閲覧履歴を検索


* vomnibar系のコマンド一覧

コマンド 説明
o ブラウザヒストリー 又は ブックマークからURLを現在のタブで開く
O ブラウザヒストリー 又は ブックマークからURLを新しいタブで開く
b ブックマークを開く
B ブックマークを新しいタブで開く
T 現在開いているタブをバー上でリスト表示する


ページ内検索

Vimiumにはページ内検索のコマンドも用意されています。こちらはVimと同じ " / " で起動し、findモードに切り替えて使います。

検索モードに切り替えて "atom"で検索

** ページ検索のコマンド一覧

コマンド 説明
/ 検索モードに切り替え
n 検索に掛かったワードが複数ある場合を次にマッチしたワードに進む
N 検索に掛かったワードが複数ある場合を前にマッチしたワードに戻る


タブの操作

Vimiumにはタブ系のコマンドも充実しています。"Ctrl + t"で新しいタブを開くショートカットだったのが " t " に。 デフォルトでは"Ctrl + TAB"キーでタブの切り替えでしたが " J "で移動出来るようになります。

* タブ操作のコマンド一覧

コマンド 説明
t 新しいタブの作成
J 又は gT 左のタブに移動
L 又は gt 右のタブに移動
^ 直前に開いていたタブに移動
g0 1番目のタブに移動
g$ 最後のタブに移動
yt 現在のタブを複製
alt + p 現在のタブにピンを付ける (同じ操作で外す)
x 現在開いているタブを閉じる
X 閉じたタブを再度開く


その他機能

Gmail等のページはショートカットで操作する便利なコマンドがGoogle側で用意されているので、コマンドが重複する心配があります。そんなVimiumを指定したドメイン内だけ無効にする機能が備わっています。

メニューバーのボタンから特定ドメインでコマンドを無効にする設定が可能

" ? "でコマンドの一覧も表示できます


Summary

以上がVimiumの紹介でした。

今回はGoogle Chrome用のプラグインの紹介でしたが、Firefox、MacのSafari用のプラグインも用意されています。

- Alternative Vimium for Firefox
- VimOperate for Opera
- Vimari for Safari on Mac OS X

ノートPCを使っていてタッチパッドの操作が不便だと感じている人、普段からキーボードの操作に慣れている人、Vim使いの人にはオススメのプラグインなので、気になった人はゼヒ×2チェックしてみてください!

philc/vimium

 

  • profile

    ちょうどマウスホイールの効きが悪くなっていたので導入して感動しました!

この記事のカテゴリ

PC・MAC

この記事のタグ

chromeプラグイン , 開発ツール , 効率化

Socialシェアボタン

スポンサーリンク