Node.jsのバージョンを管理するライブラリ「n」



複数のNode.jsのバージョンを管理、切り替えが出来るライブラリ「n」の紹介です。

Node.jsは最新の"安定版"と"LTS (長期サポート版) "の2種類がリリースされています。
( *執筆時の安定版は"6.2.2" 長期サポート版は"4.4.5"です )

プロジェクトによっては最新の安定版を元に開発を進めていたり、使っているライブラリによってはLTSを推薦されていたりと依存しているバージョンも様々です。

Rubyであればバージョンを切り替える"rbenv"というライブラリがありますが、それとよく似たことが出来るNode.jsのライブラリが「n」です。

公式ページで公開されている"n"のデモ 

このnを使えば、Node.js本体を" 4.4.* -> 6.2.* "、" 6.2.* -> 4.4.* "の様にコマンドでバージョンを切り替えることが出来ます。


n のインストール  

nのインストールはnpmパッケージを使ってインストールする方法とgitからクローンしてインストールする方法、インストーラーを使って導入する方法の3種類が用意されています。

# npm を使う方法 *環境によってはsudoを使って下さい
npm install -g n

# gitレポジトリからの導入
git clone https://github.com/tj/n.git
cd n & make install

# インストーラーを使う場合
curl -L http://git.io/n-install | bash


正しくインストールされていると、コマンドライン上でnと入力すると使うことが可能になります。


nの使い方

nを導入しても、そのままでは本体のバージョンの切り替えが出来ないので、Node.js(特定のバージョン)を入手する必要があります。

特定バージョンの入手も簡単で"n "と入力すれば指定したバージョンがダウンロードされます。
( *操作はコマンドライン上から )

# 特定バージョンをインストールする場合
# この場合は 0.12.14
n 0.12.14

# 最新の安定版の場合
# 執筆時なら6.2.2がインストールされました
n stable

# 長期サポート版の場合
# 執筆時、4.4.5
n lts


Node.jsのバージョンを切り替えるにはコマンドライン上からnと入力して起動し、切り替えたいバージョンを指定するだけです。

最新版、LTS、0.12.14の3種類を導入しました


以上の操作でNode.jsのバージョンは切り替わりますが、NPMと一緒に使う為に、下記のコマンドでNPMをインストールする必要があります。

# npmのインストール コマンド
curl -0 -L http://npmjs.org/install.sh | sudo sh


以上がnの導入です。

複数のNode.jsのバージョンがインストールされていて、特定のバージョンでjsファイルを起動する場合は n use <version> とすると指定したバージョンでファイルの実行が可能。

# node.js 0.12.14で "some.js"を実行する場合
n use 0.12.14 test.js


使わなくなったバージョンを消す場合はrmコマンドを使うと初期することが出来ます。

# 0.12.14を削除する場合
n rm 0.12.14

# 複数の場合
n rm 0.9.4 v0.10.0


下記がnで利用可能なコマンドのリストです。
( 下のリストはnode.js用のコマンドですが、io.jsにも対応しています )

n                              # インストールされているnode.jsを表示
n latest                       # node.jsの最新版をインストール
n -a x86 latest                # 32bit版のnode.js最新版をインストール
n stable                       # node.jsの安定版をインストール
n lts                          # node.jsのLTSをインストール
n                     # node.jsをインストール <バージョン>
n use  [args ...]     # 特定のバージョンでnode.jsを実行する場合
n bin                 # インストールされている特定バージョンのnode.jsの実行パスを表示
n rm              # 特定のバージヨンを削除
n --latest                     # 利用可能な最新版の表示
n --stable                     # 利用可能な安定版のバージョンを表示
n --lts                        # 利用可能なLTSのバージョンを表示
n ls                           # 利用可能なnode.jsのバージョンをリスト表示

# オプション
-V, --version   # n のバージョンを表示
-h, --help      # ヘルプの表示
-q, --quiet     # curlのアウトプットを無効 (利用可能な場合)
-d, --download  # ダウンロードのみ *
-a, --arch      # システムにインストールされているものを上書きする場合


Summary

以上が n の紹介でした。

本番環境で頻繁にNode.jsのバージョンを切り替えることは無いと思いますが、開発環境では複数のバージョンが再インストールする手間が省け重宝するライブラリです。

開発でNode.jsを使っている人にオススメ出来るライブラリなので、ゼヒ×2チェックしてください!

Github:  tj/n

 

この記事のカテゴリ
プログラミング

この記事に付けられているタグ