Atomエディタで ショートカットキーで " 特定ワード "を " 指定したワード " に切り替えられるプラグイン「Toggler」の紹介です。

ソースコードを編集していると、変数の値などの特定のワードを 一時的に切り替えたい時があります。

具体例を挙げると、特定の変数の値を ' true ' から ' false ' に
htmlの ' div ' タグを ' span '  タグに、 ' == ' を型を含めた '' === 'に、
環境変数を ' ENV = DEVELOPMENT ' から ' ENV = PRODUCTION ' に切り替えなどなど。

そんな ちょっとしたコードの変更をする時に便利なAtomエディタプラグインが 「Toggler」です。

* Toggler

 

Togglerで出来ること

・ カーソルが当たっている 特定ワードを 指定したワードに切り替えることが出来る
 

Togglerのインストール

" Toggler "のインストールは
Atomエディタメニュー内の Setting -> install から'  toggler 'と入力して検索するか、
コマンドライン上からapmコマンドを使ってインストールします。

# コマンドライン上からインストールする場合
apm install toggler

 

Togglerの使い方

Togglerの使い方は簡単で、カーソルが当たっているコード上で
Windowsであれば " Alt + r ",
Mac 又は Linuxなら " Ctrl + r " でワードを切り替えることができます。
( * 複数カーソル可 )

 例 : true から falseに切り替え
* ( TRUE -> FALSE, True -> False のように大文字、小文字の判別も自動的にされます ) 

上記以外にも、デフォルトで 約120以上のワードが予約されています。
( 例 : const -> let -> var など )

また、コマンドパレットから' Toggler:Config 'コマンドで設定ファイルを開き、
自作ワードを自由に定義することもできます。

* TogglerのConfigファイルを開いた画面 ( * toggler.json ) 

例えば、" DEVELOPMENT "を " PRODUCTION "に切り替える定義をする時は下記のように配列を定義します。

["development", "production"]


切り替えたいワードが2つ以上ある場合も、問題ありません。
( 5 -> 10 -> 15 -> 20 の順番に切り替える手続き)

["5", "10", "15", "20"]

 

Summary

以上がTogglerの紹介でした。

定数の値を変えたい時や booleanの値を一時的に変更する時など、
役立つ場面は多そうです。

かなり便利なプラグインだと思うので、気になった人はゼヒ×2チェックしてください!

GitHub : HiDeoo/toggler

 

この記事のカテゴリ

プログラミング

この記事のタグ

ATOMエディタ , 開発ツール

Socialシェアボタン

スポンサーリンク